<< コラム サンプルスクリプトを分析せよ | main | 参考本 吉里吉里/KAGではじめるゲーム制作 >>

コラム 自己流スクリプト記述

0
     管理人がゲーム制作で欠かさず作るのが「ペースト用タグファイル」です。

    何かと言うと、スクリプトに新しくタグを書く度に、そのタグを別ファイルにコピーしていったもの(それだけです)
    改行や改ページのタグはもちろん、人物表示や背景表示をした時もコピーします。
    後で見やすいよう、何のタグかコメントも付け足しておきます。

    同じタグを書く時は、そのペースト用ファイルからコピーして使います。
    このようなファイルを作っておくと、タグの記述間違いを防ぐことができますし、画像表示の場合は表示する画像ファイルの名前を差し替えるだけで使えるので便利です。
    ただし、ペースト用ファイルに間違ったタグを入れてしまうと大変なことになるので、ちゃんと動作したタグを貼り付けるべきなのですが。


    あと、実際のゲーム制作用の作業フォルダとは別に、表示テスト専用の作業フォルダを一つ作っておくのもいいと思います。
    必要最低限のスクリプトと素材を使って動作実験をしてみてから、書いたタグを実際のゲーム制作用のスクリプトにコピーするのです。

    スクリプトは先頭から実行されていくということは書きましたが、制作が進んでいくと、表示テストしたい場所までゲームを進めるのは大変になったり、ジャンプさせるにしても、画像の表示の関係でテストしたい部分から実行できない事もあります。
    テストフォルダを準備するのは、複雑な表示をテストする場合などに有効だと思います。
    posted by: 石山 奈尚 | コラム | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://create.sunnyseablue.net/trackback/38